専門的な離婚弁護士を探すには。

弁護士であっても離婚事件の専門家はそれほど多くはありません。
しかし探せば必ずいるというのも事実です。
費用も明確にしており、依頼者に安心してもらうことを心がけている弁護士、法律事務所を探しましょう。


離婚とは夫婦関係を法律的に解消することを言います。離婚がタブー視されていた昔と異なり近年はその件数も増加し裁判や調停にあたって弁護士をつけるということも珍しい話ではなくなりました。

しかし、離婚は結婚の3倍大変であると世間ではよく言われています。たしかに親権、養育費、慰謝料、財産分与、年金分割と決めなくてはならないことが沢山あります。
しかも、話の相手はこれまで家族であった人です。その取り決めは精神的に、とても大変な作業です。

法律事務所の弁護士というのはそういった依頼者の方の負担を最大限減らすため、そして、依頼者の方の利益を最大化するために全力を尽くすものです。
男女問題を専門的に取り扱っている弁護士に依頼しましょう。
お悩みの方は、一度ご相談することをお勧めいたします。


このサイトは「弁護士情報の提供」と「離婚の概要」で構成されています。お困りの方にはぜひご参考にしていただければと思います。

離婚と言っても、その内容は様々です。親権が一番の争点なる事件もあれば、子供はおらず財産分与や慰謝料のみが争点となる事件もあります。
そして、負担できる費用も人それぞれだと思います。

問題が複雑ではなく1回の法律相談のみで解決すべき事案もあれば、多額の費用はかかるが、調停なども全て同行し、きめ細かい対応が必要な事案もあります。

弁護士に依頼するにしても無駄な費用はかけないよう気をつけましょう。

慰謝料など離婚事件におけるサービス詳細

弁護士費用をかけない。ご自身で頑張る方は。


最新判例、最新ニュース
平成23年3月18日最高裁判決
血縁関係はないものの法的に父子関係を否定でない未成熟子に対する監護費用の負担について母親からの請求を権利の濫用であるとして排斥した。

このページの先頭へ