よくあるご質問

弁護士に依頼すれば必ず勝てますか?
必ず勝てるわけではありません。
結果がご希望に沿うかどうかは事案の内容、証拠の有無、相手の出方や裁判所にも影響されます。
また弁護士が結果の保証をすることは弁護士会により禁止されています。

離婚するかどうか迷っていますが、相談に乗ってもらえますか?
弁護士に相談してください。当サイトでは具体的な相談にはのっていません。

離婚するのにどれくらいの時間がかかりますか?
ケースバイケースですが、離婚そのものや親権に争いがない場合は調停で話がつけば半年以内に終わる場合が多いでしょう。
離婚自体に争いがあったり親権を双方譲らない場合は訴訟になりますので1年以上かかることも珍しくありません。

家庭内のことなので人には相談しにくいのですが。弁護士の知り合いもおらず不安です。
そのような方にこそ弁護士を利用していただければと思います。
弁護士は守秘義務を負っていますので相談内容を口外することはありえません。

平日は仕事があるため、相談に行くのが難しいのですが、夜間や土日は相談できますか?
法律事務所によっては土日夜間の相談もやっているようです。

財産分与に争いがある事件ではどのような準備をしておけば良いですか?
財産分与は離婚にあたって夫婦で築いた共有財産を分ける制度ですから、そもそもどういった財産があるのか把握することが第一です。
夫婦であっても相手名義の財産にどのようなものがどこにあるのか理解していない方が意外と多いです。
銀行の口座番号まで暗記しろとは言いませんが、どの金融機関のどの支店に口座を持っているかぐらいは把握しておく必要があります。
支店名まで特定できれば裁判手続きの中で銀行に照会をかけることができるからです。

離婚すれば相手の退職金も半分もらえるのですか?
既に相手が退職しているのであれば原則として退職金も財産分与の対象となります。ただし、退職金の半分がもらえるわけではありません。相手が勤続し始めた時から結婚していたのであれば財産分与で退職金の半分を受け取れる場合もありますが、たとえば去年結婚したばかりで1年で離婚となった場合などは、半分も受け取れるはずがありません。
また、退職の時期が何年も先という場合はそもそも退職金が財産分与の対象とならない場合もありえます。

このページの先頭へ